各種証明書

各種証明書
HACCP

HACCP認定証HACCP
azard nalysis & ritical ontrol oint
HACCP(ハセップまたはハサップと読みます)とは、食品の安全性を確保するために、国際的に広く認められている方法のことです。
危害分析(HA)、重要管理点(CCP)を意味する英語の頭文字が名前の由来になっています。
その衛生管理システムの各ポイントおよび実行の記録は、誰が見てもわかるように文書化されています。
有村屋では、鹿児島県の水産加工業(さつま揚げ)の先駆けとして、平成10年に対米輸出認証でもあるHACCPを導入しました。
工場内の設備面と作業手順のマニュアル化から衛生管理を実践し、HACCPの認定を取得しています。
HACCP指導のもとの工場内

認証マーク紹介

ふるさと認証食品
鹿児島県特産品である、弊社さつま揚げには『認証マーク』が付いております。
ふるさと認証食品とは
■地域の特産農林水産物を原料とした加工食品でふるさとのイメージを強調したもの。
■味や品質に『こだわって』消費者の方々に喜んでいただけるもの。
このようなものに基準をつくり、『認証マーク』をつけることになりました。
すぐれた品質・・・Excellent Quality
正確な表示・・・Exact Expreeelon
地域の環境と調和・・・Harmony with Ecolgy
このように3つの『E』のマークがついたふるさと食品『認証マーク』は、安心・美味しい・高品質のしるしです。

 

ハラール認証2014年7月 ハラル認証 取得
イスラム教の教えに則った食品は「ハラル(許された)食品」とよばれます。
ハラル商品は、豚肉由来やアルコール由来の原料をはじめ、ハラーム(イスラム教で禁止されているもの)が入っていない商品のことです。
有村屋では、2012年11月に操業開始した現地法人「アリムラヤ・インドネシア」工場(日系卸企業との共同出資による)にて、全てのイスラム教組織を統括するMUI(インドネシア・イスラム宗教者会議)により認証されました。