会社概要

会社概要

会社概要

鹿児島の味を、安心してお楽しみいただきたい。 有村屋はいつもそう思い、調理に取り組んでいます。

これを支えているのは食の国際安全規格HACCPシステムを導入した、徹底した品質管理。 その裏付けがあって初めて、生の素材や、手仕事にこだわることができるのです。

食の楽しさをお手伝いするため、大切なことをきちんと守る。
これからも変わらないお約束です。

※HACCPシステムとは、食品の安全性を確保するために、 国際的に広く認められている方法のことです。
危害分析(HA)、重要管理点(CCP)を 意味する英語の頭文字が名前の由来。その衛生管理システムの各ポイントおよび実行の記録は、 誰が見ても解るように文書化されています。有村屋では、鹿児島県の水産加工業(さつまあげ)の先駆けとしてHACCPを導入。 工場内の設備面と作業手順のマニュアル化から衛生管理を実践し、 HACCPシステムの認定を取得しています。
会社概要
代表者名   有村 興一
運営責任者  有村 一喜
業種      食品加工業
 
■本社工場
鹿児島県鹿児島市南栄3-24-5
TEL:099-269-5711
FAX:099-267-0888
MAIL:info@arimuraya.co.jp

■郡元本店
鹿児島県鹿児島市郡元2-18-4
TEL:099-251-0339
FAX:099-251-0338

直営店>>店舗詳細へ
郡元本店/山形屋本店地下/仙巌園内店/鹿児島中央駅『鹿児島銘品蔵』/
鹿児島空港店(ロイヤル売店内・JALUX売店内)/松屋銀座 地下2階

関連会社
(株)三ツ盃・アリムラ 鹿児島市天保山町5-21
海外
PT.ARIMURAYA INDONESIA Bekasi Factory
Jl.cempaka No.12 Jatimulya-Tambun Sealatan Bekasi 17510,Indonesia

沿革・受賞

大正元年 有村末吉 有村屋蒲鉾店を創業 沿革haccp1ハラール認証
昭和5年 有村盛吉 「有村屋」経営
昭和26年7月 「有限会社 有村屋本店」を設立
昭和28年 全国蒲鉾品評会水産庁長官賞(蒲鉾ソーセージ)
昭和46年 全国蒲鉾品評会農林大臣賞(さつま揚げ)
昭和47年12月 「株式会社 有村屋」へ社名変更有村興一 社長就任南栄本社工場 設立衛生優良施設で厚生大臣賞
昭和49年 全国蒲鉾品評会栄誉大賞(玉子蒲鉾)
昭和50年 東南アジア、米国へ輸出スタート■ドイツ、ケルン、アヌーガ国際国際食品市出品 全国蒲鉾品評会栄誉大賞(うずまき蒲鉾)
昭和51年 全国蒲鉾品評会栄誉大賞(蒸し蒲鉾)
昭和56年 全国蒲鉾品評会栄誉大賞(さつま揚げ)
昭和57年 全国蒲鉾品評会栄誉大賞(さつま蒲鉾桜島燻煙)
昭和58年 全国蒲鉾品評会栄誉大賞(さつま揚げ)
昭和60年5月 インドネシアへ技術指導有村屋ブランドで製造販売
平成5年 ■この年から毎年各国の物産展、博覧会、国際食品展に出品をしております。
平成7年 上海へ出店
平成10年11月 S.G.SによりHACCPシステム認証を受ける (対米輸出認証)
平成11年 海外への輸出を再開
平成18年 有村屋本社 新工場落成新工場での製造開始
平成19年12月 第29回 食品産業優良企業等表彰 技術功労部門農林水産大臣賞(フードマイスター食の匠)
平成21年10月 中小企業等協同組合法施行60周年記念農林水産大臣賞 組合関係功労者
平成24年11月 有村屋インドネシア工場 稼動開始
平成26年 7月 有村屋インドネシア工場
ハラル認証取得